HOME>記事一覧>自分で手に入れなくてもいい物もあるためチェックを

申請しなくても手に入るものはある

不動産担保ローンを申請するときに提出する担保不動産の関連書類としては、法務省でもらえる書類だけではありません。公課証明書や評価証明書という市役所などで本人申請によって取得しなければならない書類もあるため、注意が必要です。ただし、自治体の中には毎年4月に自宅へ送付されてくる固定資産税の納付書に評価額の記載されている書類がついていることもあり、これを評価証明書がわりにすることもできます。

本人確認書類の種類は多い

不動産担保ローンの申請をするときに必要となる本人確認書類とは、運転免許証だけではないといわれています。マイナンバーカードはもちろんのこと、健康保険証やパスポート、外国籍の方は在留カードや特別永住者証明書です。